LA PORTE D’OR

店主のブログ〜

オカシナタビ 7 五感

2016.08.25

何も気にしていなかったが、周りの空気に誘われワールドカップを観戦する。

近くのカフェに入り、飲み物を注文しようと店員を呼ぶ。

が、店員。 手のひらをこっちに見せ、ちょっと待て。と もう一度呼ぶ。

すると、今、良いところだから少し待って。と お国柄。客でも待たせる。 笛がなると、で、何?と(笑) みんなサッカー大好き。野球など知らない。 現にスポーツ用品店に行っても野球用品など売ってもいない。

そして、ジダンが頭突きをした瞬間、一瞬、街が静まり返る。 そして、大ブーイング。

もちろん相手選手にだ。 その時点では詳細はよく解らなかったが、もっとやれ!と 隣のおっちゃんは叫んでいた。 凄い場面に立ち会ってしまった。 ジダンと言う人はこんなにもみんなに愛されていて、まさに神。英雄なのだと。

パリまで出て買い物をするとき、必ず立ち寄っていた場所 ブックオフ。この空間だけは日本そのもの。 日本の書物、CD、などなど、懐かしい物が並ぶ。 日本から持って来たが帰国時に売って帰る おそらくそんな感じだとは思うが、嬉しい空間だ。 店員も日本人。

近くには日本人が多く集まる地区があり、値段はそれなりだが日本食が買えるスーパーがあったり ラーメン屋や寿司屋なども多い。

特別美味しい訳ではないが、ラーメン屋に行くと フランス人が焼そばをパスタの様にクルクルとフォーク巻いて食べたり、チャーハンにタバスコ。 餃子にソースと意外と面白い。 きっと、外国人から見れば日本人のおかしな所もたた有るのだろうと思う。 ここでは当たり前が存在しない。

色んな人、民族、言葉、習慣、様々な人間模様が入り混じる。 陸続きの国境、電車で国をまたぐ感覚、島国の日本では感じた事の無い感覚が 沢山ある。 自分はこれだと思えば突き進む。真っ直ぐ進めば間違えに気づいた時にそこまで戻って見れば良い。

途中、あっち行ったり、こっち行ってみたりすると、間違えに気づいた時に戻れない。 全ての五感を頼りに行動する。 言葉には変え難いが、頼る物が無いと、自然と感覚が研ぎ澄まされ、どんな些細な情報も見逃すまいといった 感情、精神が芽生える。

日本にいる内は、日本と言う国に守られている。のたれ死ぬ事はまずない。

が、一歩外に出ると、自分で行動せねばなにも始まらない。 右に行ったら何があって、左に行ったらこれがある。 たまの休みに、買い物がてらアンジェからパリに通い、ようやくパリの街が見えてきた。

*写真は自分の中の聖地・パリ、ブックオフ

Copyright 2015(c) La porte d’or All right reserved.