LA PORTE D’OR

店主のブログ〜

オカシナタビ 11 ああ、世界遺産

2016.12.01

部屋を見回すと、本棚に先人が置いていったと思われる地球の歩き方が。

かなり古い本ではあったがこの状況では貴重な情報源だ。

地理的に、パリに出るにはレンヌと言う町までバスでおよそ1時間半、そこからTGVに乗り約2時間。

遠い。

店はたまに連休がもらえたが、スーパーに行く位しかする事のない状況で何をしろと・・・。

地球の歩き方を隅々まで読みあさると、世界的な観光地

モンサンミッシェルが割りと近い事に気づく。

レンヌからバスが出ており約1時間。よし、行ってみよう。

次の連休にモンサンミッシェルへと一泊で向かう。ホテルは沢山あるらしい。

レンヌからバスで向かう。途中、目的地が見えてきた。

小田原辺りから見る、江ノ島といった所か。

昼過ぎモンサンミッシェルへとたどり着く。まず、帰りのバス時間を確認すると、翌朝9時にモンサンミッシェルからレンヌ行きのバスがあるらしい。

流石は世界遺産。圧倒されながらも順路に従い島を一回り。あっという間に時間は過ぎ、夕暮れ。

ホテルを探す。が、島内のホテルはどこも満室との事。

しぶしぶ、対岸およそ2キロを歩き何とかホテルを確保。せっかくのモンサンミッシェル

しかし明日、朝9時には出発しなければならない。

翌日、早朝、まだ夜が明け切らぬ朝6時。ぼんやりとたたずむモンサンミッシェルを目指しホテルを出る。

雄大。何というか、神秘的。色々な思いにふけながら島を目指す。

観光客も居ない、土産物屋もレストランも閉まっている。裏路地、壁の向こうには何が有るのか、よじ登って見たり。誰も居ない島内を歩き回った。

すっかり夜も明け、帰りのバスを待つ。

9時、まだかまだかと待つが一向にバスが来ない??

未だに謎なが、曜日限定なのか、季節的な事もあるのか結局バスは来なかった。

次のバスは、時刻表に目をやると夕方4時。

・・・。まだ朝10時・・・。この陸の孤島で何をしろと。

仕方なく城壁に腰掛け、次から次へとやって来る観光バスを眺める。

日本人の旅行者も多く、たまに日本語も聞こえてくる。恐らくハネムーンであろうカップルも多い、皆幸せいっぱい。テンション高め。

仕方なく、昼寝。塩の満ち引きを眺め、多くの巡礼者が渡ったであろう海を眺め、また、色々な思いにふける。

日本に居るとき、テレビで見たモンサンミッシェル。世界にはこんな凄い場所が有るのか。一度は行ってみたいと思ってはいたが何故だろうこの虚しさは。結局、凄い物を見ても誰かに凄いね!と言えない、美味しい物を食べても、これ美味しい!と言えない不満感。孤独とはこう言う事。などなど色々考える。

そして、また、孤独な町に帰る。

screenmemo_2016-12-01-13-02-56

 

 

 

 

 

オカシナタビ  10 アウェイ

2016.11.07

お陰様でなんだかんだと、10回目を迎える事が出来ました。お付き合い頂きm(__)m

この先、色々な事が待ち受けますが、このブログはフィクションです。 

ご想像にお任せ致します。

訳も分からず、ブーランジェリー パティスリー(パン屋だけどケーキも売っているフランスではよくあるスタイルの店)

で働き始める。

朝4時に出勤。さほど何を言ってるか分からないが身振り、素振り教わる。そして午後2時仕事が終わり帰路につく。

…。

する事も無いが、行くところも無い。唯一の娯楽と言えば近所のSEIYU的なスーパーに買い物に行くこと。

そして唯一の利点としては、気を使わない。

世間体、近所付き合い、日本では当たり前の感覚が薄い。自分がどこから来て何をしているか周りは、気にもとめない。

完全アウェイなこの状況。まさに絶望の淵。だが、神は見捨てなかった!

いつもの様に悪戦苦闘しながら仕事をしていると、突然、シェフがちょっと来い!と、手招き??

はて?何がバレたのか!?

売り場に案内されると、日本語が!!!

あなたここで働いているの?とマダム

シェフがマダムに何か話しているが良く分からない。

マダムの答えを求める視線がこちら向くが、よく分からない。

すると、マダムが、「言葉も分からずここで暮らしているの!?」と。

すみません(_ _)

すると

言葉も分からず、ここで暮らしている方が凄い!と

誉めらているのか、けなされているのか(^^;)

隣町にフランス人のご主人と住む、日本人のマダム。聞けば、月に何度かパンを買いに来るらしい。後にフランスの母となる、嬉しい出来事となる。

何度か店で顔を合わせるうちに、今度、家に遊びに来ればとお話しを頂く。

図々しいながらも、お邪魔すると小学生の息子さんと優しそうなご主人が出迎えてくれた。家の中に暖炉、愛犬、絵に描いたようなフランスの古民家。 日本食、チラシ寿司をご馳走してくれた。何ヶ月ぶりのお米。お酒は呑むの?と、日本酒!

言葉の通じるまともなやりとり、当たり前の事が嬉しい。

ただただ、感謝。ひさびさの家庭の温もり。今でもこのご一家とは近況報告をしあうご縁を頂いております。

たまには、円満に終わりにします。

 

 

 

 

 

Copyright 2015(c) La porte d’or All right reserved.